Hi. Sul sul.

PCゲーム『The Sims 4』のプレイを纏めるブログ。

ティーンズボンファイヤー 紹介記事

スォスォ。

ここはSims4プレイ日記『ティーンズボンファイヤー』の紹介記事となります。現在進行中の別シリーズ『麗しやローズの家』と並行してお送りします。
本シリーズはGet Togetherのデフォルトシムのティーン六人とその高校生活がメインのストーリー系シリーズとなります。

なお、こちらのパック及びMOD構成も『ローズ家』と同じですので説明を省きます。(MCCCの内populationとpregnancyは設定を維持しながら無効化するため、こちらのプレイ時のみフォルダから抜いています)

 

 

シム紹介

f:id:hi-sulsul:20201002014342j:plain

 

デフォルトシム

主にほとんどのシムがGet Togetherでついてきたシムです。もしかしたらその他のシムも出るかもしれません。
説明不要とは思いますが、「デフォルトシムなんて覚えてねえよ!」という人のため、世帯の説明などでみられる公式設定(緑で表示)を一部引用しながら載せておきます。また、独自解釈に基づく本シリーズでの脚色及び変更点(赤で表示)も併記しますのでご留意願います。

なお、ロールモデル」「レネゲイズ」「アバンギャルド」「庭園騎士団」は物語開始時点ではまだクラブとして発足していないという設定でお送りしています。

ティー

ウィンデンバーグのオールド・プラッツにある学校に通う生徒たち。この六人以外にもいますが、登場しません。
ラストネームのアルファベット順で記載。(Behr→Bjergsen→Fyres→Munch→Villareal(Hugo→Luna))

f:id:hi-sulsul:20201001231134j:plain

ベーア・ユキ

願望:コンピューター名人
特質:早分かり/一匹狼/オタク

亡き祖母から古風な趣ある家を相続し、かっこいいDJで憧れの姉キャンディーと暮しています。ブリックブロックの名手で未来の隠れハッカー画面と向き合っている時の集中力は随一。
ゲームのほかに騎士のような恰好良いものが大好きですが、そんな自分の好みに土足で踏み込まれるのには非常に強い抵抗感を抱いています。

『ローズ家』ではお馴染みですが、あのユキちゃんではありません。世帯の説明とは異なり初期状態でプログラミングスキルは持っていないため、「隠れハッカー」ではなく「隠れハッカーの素質がある」としました。

 

f:id:hi-sulsul:20201001231138j:plain

ビョルグソン・ソフィア

願望:音楽の天才
特質:思想家/音楽好き/陽気

ティーンにして天賦の音楽的才能を持っており、友達を作ることよりも音楽での大成功を夢見ています。彼女の無限のひらめきは留まることを知りません。
しかし、何事にも悲観的な父や完璧主義な母、そして目障りなほど出来の良い妹に対して以前からストレスを抱いていました。ご近所さんのルーナと友達になってからは彼女につられて割と明るくなりました。

「陽気」が後ろについていることから、明るくなったのは最近と判断しました。家族への不満は世帯の説明文から勝手に広げましたが、レネゲイズ組ほどではないにせよ、彼女もティーンですし違和感はないと思います。

 

f:id:hi-sulsul:20201001231145j:plain

フィアス・モーガン

願望:パーティー好き
特質:社交的/善人/外交的

奔放な精神を持ち、反抗的な友達と一緒に人生を楽しみたいと思っています。本当はただの人好きな良い子なのですが、"大人"な考えを持ち、自分の楽しみに口を出しがちな姉ショヴォンには激しい怒りを持っています。姉が出て行くか、自分が出て行くか。バトルは既に始まっています。一応ご近所さんのウォルフガングとは友達。

いやあ、彼女の解釈は非常に難しい。初期状態ではレネゲイズにいていたずらスキルもあるのに特質は反抗的どころか寧ろ「善人」が付いているという。世帯の説明も姉目線で書かれているためあまり詳しいことは分からず……。ということで、主に姉への反抗をメインとしました。

 

f:id:hi-sulsul:20201001231149j:plain

マンチ・ウォルフガング

願望:社会の敵
特質:卑怯者/意地悪/陰気

父親はおらず、母はその分レストランで身を粉にして働き、兄は最近までニート。そんな家で育ちました。根っからの意地悪で困った子でしたが、最近は良くないふうに大人しくなってしまい、面倒な捻くれ者となりました。悲しい顔で不貞寝していることもしばしば。
ビジャレアル・ジャックに憧れを抱き、彼のようになりたいと考えています。

彼についても情報が少なく、概ね人間関係からこのような解釈をいたしました。兄ガンターのニートについては、彼のキャリアレベルの低さ(作家:1)から判断。特質については、ソフィア同様先についているほうが子供時代の特質として、「根っからの意地悪」としました。

 

f:id:hi-sulsul:20201001231153j:plain

ビジャレアルヒューゴー

願望:マスターシェフ
特質:風味の神髄/一匹狼/美食家

ウィンデンバーグ一の大邸宅に住むビジャレアル家の長男。母は「奇妙」な状況で行方不明になり、エキセントリックな習慣と趣味をもつ父ジャックに育てられました。
昔から他人と関わるのは苦手ですが、最近料理のすばらしさに目覚め、己の肥えた舌も満足する絶品料理を作ることを夢見るようになりました。美味しいものを食べている時が一番幸せなのです。そして体もだんだんと丸く……。

ここまでの例と同じく、「一匹狼」を先についた特質とし、料理については最近目覚めたものとしました。「ウィンデンバーグ1」については、土地の広さもそうですが、所持金の多さ(なんと§65000!)も考慮してこのように致しました。

 

f:id:hi-sulsul:20201001231157j:plain

ビジャレアル・ルーナ

願望:世界の友人
特質:社交的/幼稚/ロマンチック

家庭についてはヒューゴー同様。ソフィアのご近所さんで友人。彼女に比べると精神年齢は低く、幼稚ではあります。しかしそれ故か他人と仲良くなるのが上手く、学校でもいっぱい友達を作りたいと考えています。恋愛もしたいお年頃。恰好いい先輩(入れ替わりで卒業)のフィアス・ショヴォンに以前から憧れています。
ヒューゴーとは双子で、弟のマックスには少し手を焼きつつ、なんだかんだ三人仲良くしています。

彼女の持つ特質なのですが、どちらも子供時代に付けることができないもので、これをどう扱うか悩みました。幸い「ロマンチック」は流石に子供では有り得ないので以上の通りになりましたが。
ヒューゴーとどちらが上かについては判断材料が無かったため、全く似ていませんが双子としました。ショヴォンへの憧れはロールモデル成立に繋げるための完全な脚色です。

 

オリジナルシム(教員)

学校を扱う以上先生は必要なので、取り敢えず五人用意しました。「ここはこの先生でなければいけない」といった役回りは極力持たせずあくまでも学校らしさを演出するためのみに動かすつもりです。
え? なんか見覚えがある? 知らねえな。

 

f:id:hi-sulsul:20201002014420j:plain

モアイ・ホール
願望:世界の友人
特質:社交的/仲間好き/陽気/ダンスマシーン
校長。こんな見た目ですが明るくてテンションの高い愉快な先生。音楽が掛かるとどこからともなく現れ踊り出します。

 

f:id:hi-sulsul:20201002014425j:plain

スカルプチャー・パピルス
願望:ベストセラー作家
特質:思想家/芸術愛好家/クリエイティブ/マヌケ

語学(シムリッシュ等)及び美術と音楽担当の副校長。その名の通り彫刻のような見た目で、静かで厳格な先生かと思いきや結構マヌケで面白い人。しかし怒ると一番怖いので皆から恐れられています。

 

f:id:hi-sulsul:20201002014429j:plain

ファット・マス=ターシ
願望:最高に幸せな家族
特質:家庭的/綺麗好き/天才/美食家

数学と家庭科を担当しています。皆が美味しいものを食べ健康で過ごすことを願う優しく静かな先生です。あまりに穏やか過ぎて、生徒からは存在しないも同然の扱いを受けています。

 

f:id:hi-sulsul:20201002014433j:plain

ラン・サファイア
願望:館長
特質:コレクター/ブラザー/アウトドア好き/オタク

生物等の理科、スポーツ、保健を教える若い女性教師。元気が良くフレンドリーなので、生徒を含めた周囲からの賛否がかなりはっきり分かれる一番面倒なタイプの教師です。ローズ・ブラウではない。

 

f:id:hi-sulsul:20201002014437j:plain

ルーイン(ルイン)・スィヴィル
願望:コンピューター名人
特質:早分かり/一匹狼/本の虫/意地悪

地歴公民並びに情報を扱う教師。嫌味で非常に厳しく厄介はありますが、常に生徒の未来を第一に行動する熱いのか冷たいのかよくわからない変な先生です。いつも一人で画面を凝視しています。

 

f:id:hi-sulsul:20201002014441j:plain

モ「今度スポーツ大会をやろうと思うんだけどどうかな」
フ「いいですね。汗水垂らして腹を空かせた生徒がお弁当を開ける瞬間が楽しみです」
ラ「燃えてきました! やりましょう是非! 屋外で!!」
モ「やっぱり元気だなあラン先生は。ルイン先生はどう?」
ル「今の彼らを見るに大会なぞしても恐らく単なるお遊びの時間で終わるでしょう。学校としてやるからにはしっかりと中身のある内容も決めなければ」ポチポチ
ス(中身といや、小説の中身決めないとなあ。帰ったらやろっと)

大体これでありがちな先生は揃った筈。ありがちを五人に圧縮したせいで逆に現実味がなくなったかもしれませんが。
まあいいんですよ、どうせ五人ともただのちょい役ですから。

 

では、これからこの内容で『ティーンズボンファイヤー』(タイトルダサいな)をお送りしていきます。
『ローズ家』も勿論忘れてはいないので、そちらも宜しくお願いします。

スォスォ~。