Hi. Sul sul.

PCゲーム『The Sims 4』のプレイを纏めるブログ。

とびだせスプリングス一族 #15 『ドリンクの王と三代目』

スォスォ。 

この前「シムズ観」という記事を上げました。
読んでみればいいと思います。

hi-sulsul.hatenablog.com

そういえば、こないだの記事で私「音楽アプリとかは全く使わない」と書きましたが、正しくはYoutube Musicのような音楽再生アプリを全く使わない、ですね。
曲を作ったり演奏したりするのは好きなんですが、聴くのはそこまでなんですよ。
特にポップスや歌ってる人が恰好良い可愛いだけの歌ものは全く。
興味ない興味ない。

はい! 「Blaise編」今回で終わりですよ!

 

hi-sulsul.hatenablog.com

 

↓前回の記事はこちら↓

hi-sulsul.hatenablog.com

 

 

今週のコメディ&いたずらフェスティバル

f:id:hi-sulsul:20210722122247j:plain

パブロの仕事課題に「コメディ&いたずらフェスティバルで5人のシムにいたずらをする」というのがありまして。
今日は家族を連れてやってきました。
ブレーズはお仕事中なのでいません。

 

f:id:hi-sulsul:20210722122251j:plain

お腹が空いていたクリストフはなんか注文してました。
なんだこれ。

 

f:id:hi-sulsul:20210722122255j:plain

パブロとクリストフはいたずらチーム、ジョーダンとスペンサーはジョークチームで行動します。
まあ能動的にいたずら仕掛ければ楽勝ですよ。
課題のほうも実質相手は二人みたいなものですし。

 

f:id:hi-sulsul:20210722122259j:plain

おう、なんだよ。
こっち見んな。

カメラ引いたら見知らぬおっさんがいてびっくりしてしまった……。

 

f:id:hi-sulsul:20210722122303j:plain

お、レイチェルを発見。
いたずらしてやりましょ。

 

f:id:hi-sulsul:20210722122307j:plain

(ジョークチームに入っただけであとはずっと踊り続けているジョーダン)

 

f:id:hi-sulsul:20210722122311j:plain

いたずらチームが勝利しました。
ついでにパブロの課題も達成できて文句なしです。

 

主な登場シム

操作シム

f:id:hi-sulsul:20210706120201j:plain

スプリングス・ブレーズ

年齢:大人
願望:一流バーテンダー(風味の真髄)
特質:自信家/芸術愛好家/美食家
その他特質:幸せな幼児/行儀が良い/責任感が強い
性格:正義漢/守銭奴
職業:料理
好き:グリーン/レッド/エレクトロニカ/オルタナティブ/テレビゲーム/バーテンダー/歌唱/釣り/絵画/ギター
嫌い:フィットネス

Blaise編主人公。
フィットネスが嫌いな自由太っちょ。

バーテンダーキャリアへの昇進は前回達成しましたので、
今回は願望の達成を目指してコツコツとスキルを上げさせていきます。

ああ、あとそれから、スプリングスと主人公の後継ぎも決めないとですよね。

 

f:id:hi-sulsul:20210706120723j:plain

スプリングス・パブロ

年齢:大人
願望ボディビルダー(高基礎代謝
特質:陽気/アクティブ/ブラザー
購入特質:ジム好き/防水シム
その他特質:行儀が良い
性格:純粋無垢/正義漢
職業:インターネットの有名人
名声:注目の新人
特典:注目株
悩み:食通
好き:イエロー/パープル/オルタナティブ/ヒップホップ/ギター/フィットネス
嫌い:(なし)

ブレーズの弟。

今回収録の際、私の寝落ちや突然のパソコン再起動によって5日目の撮り直しを複数回行っています。
2回目に撮ったときはライジングスターまで名声を挙げることができたんですがね、
流石にそれをもう一度やる気はありませんでした。

結婚するまでが華だったなあ彼は。

 

パブロの家族

f:id:hi-sulsul:20210706120744j:plain

メイヤー・ジョーダン

年齢:大人
特質:自信家/陽気/芸術愛好家
性格:正義漢/純粋無垢
職業:芸術評論家
好き:テレビゲーム
嫌い:ブラウン/エレクトロニカ/イージーリスニング/絵画

パブロの妻。
公式ギャラリーシム。

このデータにおける彼女の世間からの評判って、結婚時点ですでに悪い方みたいなんです。
そういえば評論家の仕事では結構辛口コメントをするタイプだそうですが、
もしかしたらそれが関係しているのでしょうか。
絵画嫌いなのに芸術愛好家で評論家になる人の考えなんて誰も理解してくれない(理解できない)だろうしなあ……。

 

f:id:hi-sulsul:20210721203004j:plain

スプリングス・スペンサー

年齢ティー
願望:マスターシェフ(風味の真髄)
特質:アウトドア好き/善人
性格奉仕者/純粋無垢
好き:ホワイト/グリーン/ブルー/料理/フィットネス/ダンス
嫌い:(なし)

長男。

前回、騒ぎたい年頃が発動してクリストフと大喧嘩しました。
今でも消えない痛みを抱いています。
とはいえそこは善人。
直接弟に当たるだなんてことはしません。

なお、反省することは無い模様。

 

f:id:hi-sulsul:20210706121030j:plain

スプリングス・クリストフ

年齢:子供→ティー
願望:やんちゃなわんぱく者→???(???)
特質:正気でない/???
性格:なし→???
好き:コメディ
嫌い:フィットネス

次男。
今回彼もティーンになります。

 

友人たち

f:id:hi-sulsul:20210706120345j:plain

キュー・ブランシュ

年齢:大人
特質:生真面目/美食家/ブラザー
その他特質:行儀が良い
性格:傍観者
職業:代議士
好き:ブラック/ブルー/レトロ/コメディ/料理/フィットネス/ダンス
嫌い:いたずら/エレクトロニカ

ブレーズの妹でパブロの双子の姉。

毎日二回ぐらいの頻度で実家に帰ってきます。
政治家の仕事はどうしたよあなた。

Blaise編は中盤までパブロ、終盤は子供たちとブレーズが主に活動していましたが、
一番人生で成功したと言えるのは、転んでも立ち上がり地位を手にしそこそこ願いも叶えた彼女でしょう。

 

f:id:hi-sulsul:20210721203114j:plain

アキヤマ・エイドリアン

年齢:シニア
特質:クリエイティブ
嫌い:絵画

ブレーズの親友。

 

f:id:hi-sulsul:20210721203129j:plain

レームクール・リサ

年齢:シニア
特質:???
性格守銭奴
職業:なし
嫌い:キッズラジオ

いつも退屈そうなシム。

ようやくパブロとも友人になったようです。

 

いつもと同じ(もはやタイトルが浮かばない)

f:id:hi-sulsul:20210722122153j:plain

んー……。
いつも思うんですがこのシムは誰なんでしょう。
顔つきやアクセサリーはジョーダンそっくりですよねえ。

にしてもこの髪型可愛いな。
昔私の別のデータで、従兄弟の子孫が九代も続いている中若さの薬を飲み続けてその間にスキルをマックスにしキャリアで最高まで昇進を繰り返していたシムも、この髪型でした。
あれ以来これが好きでねえ。

 

f:id:hi-sulsul:20210722122158j:plain

前回兄弟は騒音トラブルで喧嘩しました。
スペンサーには未だにクリストフへの消えない痛みが残っています。

 

f:id:hi-sulsul:20210722122202j:plain

しかもいたずらを仕掛けられると。
それで怒っても当たらないんですよ偉くないですか。
善人だからかな。

 

f:id:hi-sulsul:20210722122243j:plain

ブレーズはこの間ずっとバーテンダースキルを上げることに専念しています。
それを積み上げるのもスキルなのかあ。
バーテンダーって思った以上に難しいなあ。 

 

f:id:hi-sulsul:20210722122314j:plain

ブレーズの満足度ポイントが1510に達しました。
これで若さの薬が買えます。

 

f:id:hi-sulsul:20210722122318j:plain

ついにアロイスを超えました!
(まあ、ブレーズの場合はデータ内で生きた時間が違うのでその差といえば差なのですが)

 

f:id:hi-sulsul:20210722122322j:plain

寄るなジムトレーナーが。
指導するだけで友好ゲージを上げるのはもう構わんが名乗れまず名乗れ。
それが礼儀ってもんだろうが。
(ジムトレーナー絶対アンチのLem-Meiです、宜しくお願いします)

自己紹介したならいいよ。

 

f:id:hi-sulsul:20210722122333j:plain

スペンサーの消えない痛みが響くのか、
こうしてクリストフとハグをしても心には怒りを抱いています。

 

f:id:hi-sulsul:20210722122337j:plain

ス「怒るなって。悪いのは僕だろう? そりゃクリスがバカにしてきたのはムカつくけど、そうさせたのは僕じゃないか。落ち着いて?」

 

f:id:hi-sulsul:20210722122357j:plain

一人雪だるまを作るブレーズ。
そこは邪魔ですね。

 

f:id:hi-sulsul:20210722122401j:plain

そうそう。家の裏でやりましょう。
……いつも思うんですけどなんだこのスペース。

 

f:id:hi-sulsul:20210722122408j:plain

おう、できました。
いいですね。

 

f:id:hi-sulsul:20210722122416j:plain

遊びに来たブランシュとパブロが雪かきをしてくれています。
ありがとう。

 

主役交代

f:id:hi-sulsul:20210722122424j:plain

さあてクリストフが帰ってきましたよ。
成長パーティーといきましょう!

 

f:id:hi-sulsul:20210722122428j:plain

はぁいおめでとうー!!
さあ大きくなるんだ。

 

f:id:hi-sulsul:20210722122431j:plain

クリストフの特質スコアです。
まあ、ありがちな並び。

 

f:id:hi-sulsul:20210722122435j:plain

候補は以上の通り。
願望はビジネス通で決定で良いでしょうね。
並びも似てますし。

特質は悩みますが、まあ数字の並びから言って……

 

f:id:hi-sulsul:20210722122439j:plain

音楽好きでしょうかね!(※ただしオルタナティブは爆音再生を思い出すので嫌い)
なかなかクセのあるシムになりそうです。

ついでにエイドリアンも同時にシニアになりました。
なんだこの偶然。

 

f:id:hi-sulsul:20210722122447j:plain

大きくなったクリストフの顔はこんな感じ。
ちょっと物足りなかったのでアイラインを薄めに引かせました。
だいぶ「正気でない」感が出たと思います。

しかしあれね、目はジョーダンですが顔つきはパブロに少し寄ってますね。
スペンサーとは逆です。

 

f:id:hi-sulsul:20210722122451j:plain

オーイオイオイきみもそのメリケンサックかい。

 

f:id:hi-sulsul:20210722122455j:plain

冬服の帽子はなんとなく残しました。
これがないとただの恰好良い奴になってしまう。

 

f:id:hi-sulsul:20210722122459j:plain

薬たちも祝福してくれてますよ。
(画面戻して二階を映すたびに爆発するのウケる)

 

f:id:hi-sulsul:20210722122507j:plain

ブ「なあパブロ。クリストフも大きくなったし、俺もそろそろジジイだから家長譲るわ」
パ「え、俺に?」
ブ「お前だってジジイだろうがよもうすぐよオ!!」
パ「あそっか」
ブ「そっかじゃねえwwwww」
パ「どっちにすんの?」
ブ「それ迷ったんだけどさあ、俺の後を継ぐってこと考えるとクリストフがいいと思ってんだ。あいつぁ俺が面倒見てたし、スペンサーはお前らの後継ぐだろ?」
パ「ああそうさせようと思ってた」
ブ「じゃあ決まりだな。あいつは俺がもらうわ」
パ「いいよ」

 

f:id:hi-sulsul:20210722122511j:plain

そういやジョーダンはどこ言ったかなと思って探したらここにいました。
また踊ってますよこの子。
一緒に踊ったれ。

 

f:id:hi-sulsul:20210722122515j:plain

パ「何二人だけで楽しそうにしてんだよー俺も混ぜてくれよ。てか俺のだぞジョーダンは」
ブ「いいよ」
ジ「一緒に踊ろ!」

仲の宜しいことで。

 

f:id:hi-sulsul:20210722122523j:plain

んお?
なんだこれ。

バーテンダーキャリアに進むとこんなものが作れるようになるんですね。
アロイス版もあった筈だろうに気づきませんでした。

じゃあクリストフに飲ませるやつはこれにしましょうか。

 

f:id:hi-sulsul:20210722122527j:plain

シャカシャカシャカシャカ……

 

f:id:hi-sulsul:20210722122531j:plain

ブ「ヘイラッシャイ!! ブレーズスペシャル! 一丁!」

 

f:id:hi-sulsul:20210722122540j:plain

ブ「ホラ飲めクリス。お前が次のスプリングス当主じゃ」
ク「僕でいいの?」
ブ「おうよ。いいからさっさと飲め俺のスペシャル!」
パ「俺のスペシャルwwwww」
ブ「え」
パ「なんかwww なんかさwww そうやって表現されるとなんかヤだよなwwwww」
ジ「なんかね……ww」
ブ「え。マジ?」
ス「僕はいいと思う」
ク「別にそんなに笑うことでもないでしょ二人とも」

 

f:id:hi-sulsul:20210722122544j:plain

まあというわけで、無事当主と主役の座はクリストフに引き継がれました。

スペンサーを選んで「Aloys」「Blaise」ときて次はCから始まるクリストフになると思ってただろぶわぁああああかってやろうかとも思いましたが、まあここは現主役とより仲が良いということでこのようにしました。
あと料理系の願望もちが三代続くのは避けたかったというのもあります。

なおこれで疑似従兄弟のような形でクリストフがブレーズ系、スペンサーがパブロ系を継ぐことになったため、
今後彼らに別々の家族が出来た際の混乱を避けるためスペンサーには姓を「スプリングス」から「ハイランド」に変えて戴きます。

 

f:id:hi-sulsul:20210722122549j:plain

従兄弟のイーモン(ブランシュの息子)から誕生日プレゼントが届きました。
種パックですねこれは。

 

f:id:hi-sulsul:20210722122553j:plain

ジ「その帽子かわいい!!」

 

思わぬ集合

f:id:hi-sulsul:20210722122557j:plain

ブレーズのギターを批評するジョーダン。
彼女の評価は世間評価が若干悪くなる程度には辛口と評判ですよ。
覚悟したほうが良いです。

 

f:id:hi-sulsul:20210722122601j:plain

ジムに来た第二世代。
ブレーズが積極的にサンドバッグへと向かっていきました。
前回もそうでした。

さては以前逆に伸されてしまったのを根に持ってるな?

 

f:id:hi-sulsul:20210722122605j:plain

あっ。

 

f:id:hi-sulsul:20210722122609j:plain

f:id:hi-sulsul:20210722122613j:plain

また転んでしまいました。
痛そう。

 

f:id:hi-sulsul:20210722122616j:plain

それでも立ち上がるジョーダン!
いや旦那、横で突っ立ってないで声がけぐらいしてやりなさいな。
仮にも夫でしょうが。

 

f:id:hi-sulsul:20210722122620j:plain

今夜はスパイスフェスティバルです。
ブランシュとエイドリアンとリサを呼んで遊びに来ましたよ。
右側には偶然ですがレイチェルも来てますね。
お仕事中のジョーダンも程なく合流します。

 

f:id:hi-sulsul:20210722122624j:plain

来ました来ました。
今更ながらなんだその派手な服。
作る側ならともかく批評する側が着る服なのかそれ。
それこそ批評の対象になりそうなもんですが。

 

f:id:hi-sulsul:20210722122628j:plain

辛いものを食べたり他のお客さんたちと交流する一行。
こういうの記事にするときは具体的に書くことがなくて困るのですが、
見ている分にはなんだかいいなってなるんですよね。

っていつも言ってる。

 

f:id:hi-sulsul:20210722122632j:plain

二人で別々の食べ物を注文する兄弟。

 

f:id:hi-sulsul:20210722122636j:plain

あれま。
ブレーズが仕事に行っちゃった。
そういえば今日お仕事でしたわ。
お疲れさまですよホント。

 

f:id:hi-sulsul:20210722122639j:plain

いい音楽が聴こえてきます。
クリストフは音楽好きですからね、
こういうのにも興味があるのでしょう。

 

f:id:hi-sulsul:20210722122643j:plain

あれぇ?
デールが来ました。
なぁーんだ結局いつもの面子じゃないですか。
ベアトリスも呼べばよかった。

 

f:id:hi-sulsul:20210722122647j:plain

パ「スォ。久しぶりじゃんデール」
デ「元気だったかいパブロ」
パ「まあな」

 

f:id:hi-sulsul:20210722122651j:plain

ギターが気になっていたクリストフはパフォーマーさんに挨拶。
ああ~ブヒーダさんちのお孫さんでしたか。
おじいさんの血を強く受け継いだような顔つきですね。

ク「さっきのギターすごく良かったよ。ああいうのが好きなの?」

 

f:id:hi-sulsul:20210722122655j:plain

エ「そうだなあ、僕はどっちかっていうと子守歌が好きかな」
ク「子守歌かあ今度聴いてみよ」
エ「割と馬鹿にならないよ」

 

再燃

反省しない兄貴

f:id:hi-sulsul:20210722122659j:plain

ゲッ!!
スペンサーが再び騒ぎたい年頃に突入しました!
なんでよりによってまたそれなんじゃ。

 

f:id:hi-sulsul:20210722122703j:plain

うーん。
爆音でスピーカーを鳴らすことはしませんでしたが、今回はギターを弾きまくっています。
当然彼にはまだ大したスキルはないので、下手な演奏にクリストフはもうめちゃくちゃイライラしてます。

 

f:id:hi-sulsul:20210722122707j:plain

ク「たくさあ。ギターの天才ならともかく素人なのにうるさいんだよ兄さん。ちょっとは静かにしてよ」
ス「なっ――」

 

f:id:hi-sulsul:20210722122711j:plain

ク「大体でっかいだけの音の何がそんなにいいんだよ。考えがあるなら言ってみろよこのラマ面男」
ス「ら、ラマ面だと……!?」

 

f:id:hi-sulsul:20210722122715j:plain

ス「おい! 聞き捨てならないぞクリス!! ラマをそんな侮辱の言葉に使うな! あと、お前は文句を言う時いちいち余計なことまで言いすぎだ!! ちょっとは言い方も考えろ!」
ク「おうおうおうそうやって言われたら何も言い返せないよ僕は。でも質問には答えてよ」
ス「内に秘める心のビートを解き放ちたいんだよ!」
ク「一人でやってなよカラオケ屋とか行って」
ス「カラオケは今閉まってんの!!」
ク「それは今僕らの会話書いてるやつの文句でしょうが!」
ス「急に妙なこと言い出すなよわっかんないなあ!?」

 

三面楚歌

f:id:hi-sulsul:20210722122719j:plain

スペンサーと話すのを切り上げたクリストフに、パブロの追撃。
犯罪を仄めかすみたいないたずらを仕掛けられました。
前にブランシュがやっていたやつですね。

 

f:id:hi-sulsul:20210722122723j:plain

お陰様で緊張してしまいましたよ。

ク(まさかそんなだろうとは思うけどこのパパだしな……)

 

f:id:hi-sulsul:20210722122726j:plain

すると近しい者(クリストフ)のネガティブな感情(緊張)を読み取ったパブロは悲しみだし、一人で泣くためにベッドに向かいました。

 

f:id:hi-sulsul:20210722122730j:plain

ク「お悲しみ中失礼しますけどね、パパ、誰のせいで僕が緊張してるかわかってんの? パパのせいだよパパの」
パ「なんだと、親に向かって何だその口は」
ク「別に大したこと言ってないでしょこっちは。まるでバカバカしいって言ってんのさ」
パ「バカって言うなバカって」

 

f:id:hi-sulsul:20210722122738j:plain

ほんでダイニングに戻るとまたスペンサーがギターを弾いている。

 

f:id:hi-sulsul:20210722122742j:plain

ク「あああああもうイヤんなる!」

 

f:id:hi-sulsul:20210722122746j:plain

ク「いい加減にしろ兄さん! さっき一人でやってろって言ったじゃんか」
ス「一人でって言ったってギター置いてあるのこの部屋だし」
ク「持ってきなよ上の部屋まで」

 

f:id:hi-sulsul:20210722122749j:plain

ジ「まあまあまあ。そうカリカリしないでよ~クリス~。体に毒よ~?」
ク「ああ? そりゃあカリカリの一つもするに決まってる。ママだって見てたでしょうが。なのにまた調子のいいことばっかり言ってさあ」

 

f:id:hi-sulsul:20210722122753j:plain

ジョーダンの励ましは逆効果でした。
陽気なシムの声って時々他のシムを緊張させることがあるんですが、今回は運悪くそれが発動してしまいました。
そこにやはり下手なギターの演奏が加わる!!

一番近い家族たちにイライラしまくってクリストフはもう限界です。

 

f:id:hi-sulsul:20210722122757j:plain

ク「あああ! 何が『正気でない』だよ! これじゃまるで僕のほうがまともみたいになるじゃんか! あああ!! 納得行かないなあ!! ブラーシュ!」

 

しかしそこはホンモノ

f:id:hi-sulsul:20210722122801j:plain

そんなクリストフですが、雪の上で天使マークを作ったらあっさり陽気になりました。
こわ。切り替わり早すぎ人間かよ。

 

f:id:hi-sulsul:20210722122805j:plain

そして爛々と帰ってくる。

 

f:id:hi-sulsul:20210722122809j:plain

ク「なハぁ~んだ兄さん、聞こえたよ? そんなダサい音楽が好きなのかい兄さんは。全くたった一人の弟としてセンスを疑うよ」

 

f:id:hi-sulsul:20210722122812j:plain

ス「おい僕のセンスはともかく音楽を侮辱するなよ!」
ク「あれ。怒ってる? 兄さん怒ってんの?」

 

f:id:hi-sulsul:20210722122816j:plain

ク「おいおいおい兄さん、音楽そのものを侮辱したのは確かに悪かったし謝るから、ちょっと落ち着いてよ」
ス「落ち着いてられるか! さっきからあれやこれや好き勝手言いやがって」

 

f:id:hi-sulsul:20210722122820j:plain

ス「誰のせいでこんななってるか頭に手あてて考えてみろお前!」
ク「そりゃ怒りやすい兄さんのせいじゃないの?」

 

f:id:hi-sulsul:20210722122824j:plain

ス「なぁんだとこの。落ち着かせる気があるのか無いのかはっきりしろ!」
ク「勿論落ち着いてほしいよ僕はね? でも兄さんが落ち着かないから――」
ス「そんなこと言って落ち着くシムがどこに居るってんだよお前」
ク「僕は兄さんは落ち着いてくれると思ってた」
ス「馬鹿にしてんのか。怒らせたいのか」
ク「今のどこに馬鹿にする要素があったっていうのさ」
ス「端から端まで全部だよこの! 馬鹿!!」
ク「いや……ええ……?」

 

f:id:hi-sulsul:20210722122828j:plain

あんな支離滅裂な言い分で落ち着くわけないじゃないですか。
スペンサーのことは後でパブロがフォローしておきました。ご安心下さい。
相当大変でしょうけどねあの状態からのフォローって。

 

f:id:hi-sulsul:20210722122832j:plain

ク「ねえ『正気でない』ってそういうことじゃなくない? 僕そんなまるっきり馬鹿みたいな役やるの嫌だよ」

うわ。
こいつ一人で友達と会話をはじめました。
怖いな。これが“ホンモノ”ってやつですか。

ク「きみに言ってんだけどなあ画面の前でたまに僕ら動かしてこのやり取り書いてるそこのきみ」

 

お疲れ様の会 ~残飯を添えて~

f:id:hi-sulsul:20210722122836j:plain

Blaise編もついに今日が最終日です。
最後にすることと言えば、やはり。
こうしてきょうだいとジョーダンの四人でレストランに行くことでしょう。

 

f:id:hi-sulsul:20210722122840j:plain

って、残飯置いてあるんですけどー。
ウェイターさ―ん。

 

f:id:hi-sulsul:20210722122843j:plain

ブレ「えーっと、水と今日のおすすめドリンクとスイート&スパイシーとネクターブレンドの赤、ペパロニピッツァとシェフのおすすめメイン料理とバナナクリームパイとティラミスでおないしゃーす」
ウェイター「かしこまりました」

 

f:id:hi-sulsul:20210722122848j:plain

おい残飯持ってけウェイター!!

 

f:id:hi-sulsul:20210722122852j:plain

パ「兄貴また水頼んだのかよ」
ブレ「文句あっかァ! 俺はこれが好きなんだよ!」
パ「いや知ってるけどさ……www」
ブラ「ここ従業員入れ替わってから質下がったわね……。見てこの私のチーズピザの横に置かれた残飯」
パ「忙しいんじゃねえのお店」
ブラ「忙しいなら儲かってるはずよね? そのお金で人増やせばいいのに」
ブレ「まあまあまあまあそういうなって。レストランだって色々あるんだよ」
ブラ「そういえばお兄さんバーテンダーやってたわね……」
ブレ「そうだよ」

 

f:id:hi-sulsul:20210722122855j:plain

パ「お、ジョーダン。なんだそんなに楽しそうにして」
ジ「だってやっと皆でこのお店来られたんだもーん嬉しくなっちゃうでしょー!」
ブレ「そっかジョーダン連れてきたのは初めてか」
ブラ「私は一回一緒に来たわー」
ジ「ブレーズ君の『ペパロニ・ピザと水』ってやつー? 一度見てみたかったのー! もう感動よ感動!」
ブレ「そんな大したもんじゃねえだろwww」
パ「まさかwww こんなはしゃぐとは思わなかったわwww」
ジ「でもこの様子じゃ来週にはこのお店終わってるわね」スッ
ブラ「ブフォ」
パ「なんて?」
ブレ「こいつ急に評論家みたいな顔しやがったこいつ」
ジ「評論家だよ私」

 

f:id:hi-sulsul:20210722122903j:plain

ブラ「ねえねえ、レストランと言えばね――」

また始まりました。
ブランシュのジョーク。

 

f:id:hi-sulsul:20210722122906j:plain

もうね、分かってましたよ。
だぁーれも笑わない。
ブレないやつだなあ。

 

f:id:hi-sulsul:20210722122910j:plain

そうしている間に日付が変わり。
食事会は終了しました。

まあ、このレストランはもう少し残しておきましょうか。
綺麗だし。

 

f:id:hi-sulsul:20210722122914j:plain

帰りましょう。
ごちそうさまでした。

 

f:id:hi-sulsul:20210722122921j:plain

ク「おじさん、スプリングスを継ぐのは分かったけど、僕この家兄さんに譲って出ていっていい? なんかもう一人になりたい」
ブ「おういいよ。どこ行くの?」
ク「まあもう土地は確保してるから」
ブ「おお~今度遊びに行かせろ。あと俺の薬は持ってけ?」
ク「まあおじさんならいいよ」

 

f:id:hi-sulsul:20210722122925j:plain

はい。薬は全て回収しました。
これを持って、クリストフは旅立つことになります。

次回初日はその出立から始めましょう。
ちょうどブレーズもシニアになる日だしなァ!!

 

登場シム

このお話の交流シムは、

 

f:id:hi-sulsul:20210722122933j:plain

甥のスペンサー

 

f:id:hi-sulsul:20210722122936j:plain

スペンサーの弟クリストフ

 

f:id:hi-sulsul:20210722122944j:plain

弟のパブロ

 

f:id:hi-sulsul:20210722122940j:plain

パブロの妻ジョーダン

 

f:id:hi-sulsul:20210722122948j:plain

レイチェル

 

f:id:hi-sulsul:20210722122952j:plain

妹のブランシュ

 

f:id:hi-sulsul:20210722122955j:plain

友人のエイドリアン

 

f:id:hi-sulsul:20210722122959j:plain

友人のリサ

 

f:id:hi-sulsul:20210722123003j:plain

デール

そして、

 

f:id:hi-sulsul:20210722123007j:plain

パフォーマーエドワード

でした。

 

これにて「Blaise編」終了です。
次回から「Christophe編」。開始します。

スォスォ!

 

↓続きはこちら↓

hi-sulsul.hatenablog.com