Hi. Sul sul.

PCゲーム『The Sims 4』のプレイを纏めるブログ。

とびだせスプリングス一族 #12 『何本ロウソク置いてるんだこの家は』

スォスォ。 

音楽フェスとやらをやっているようですが、
今回冒頭のスプリングス家はエデルガルトを亡くした悲しみに包まれていたため参加しませんでした。
もし行かせるまた次回になりますね。

それかいっそ『ローズの家』で行かせるのもアリ。
何曜日で止まっていたかは忘れましたが。

 

hi-sulsul.hatenablog.com

 

↓前回の記事はこちら↓

hi-sulsul.hatenablog.com

 

 

黙食

f:id:hi-sulsul:20210702020900j:plain

いつものピザ屋に、ブランシュとジョーダンとでやってきました。
何故か今回は奥のプールスペースへ通されましたよ。

 

f:id:hi-sulsul:20210702020904j:plain

で料理が来るまでの間にブランシュは一人で向こうのベンチへふらっと行ってしまいまして。

 

f:id:hi-sulsul:20210702020908j:plain

戻ってきて食べている間も、食べ終わってからもずーっと二人並んで黙りっぱなし。

 

f:id:hi-sulsul:20210702020912j:plain

会話とかも全くなし。

 

f:id:hi-sulsul:20210702020916j:plain

ホントに全く無し。
いつもならきょうだいで自然と会話が始まるところですが。
特にブランシュ、いつものくだらんジョークはどうしたんです?

 

f:id:hi-sulsul:20210702020920j:plain

そして別個に帰ってしまいました。
なーんか微妙にブランシュだけ前回からジョーダンへの関わりが少ないというか、
前々回はリサたちと一緒に話していたはずなのに妙に近づこうとしないんですよね。

頼むよ~これから暫く一つ屋根の下で暮らすんですからあ。

 

主な登場シム

操作シム

f:id:hi-sulsul:20210621034312j:plain

スプリングス・ブレーズ

年齢:若者→大人
願望:一流バーテンダー(風味の真髄)
特質:自信家/芸術愛好家/美食家
その他特質:幸せな幼児/行儀が良い/責任感が強い
性格:正義漢/守銭奴
職業:料理
好き:グリーン/レッド/エレクトロニカ/オルタナティブ/テレビゲーム/バーテンダー/歌唱/釣り/絵画/ギター
嫌い:フィットネス

Blaise編主人公。
フィットネスが嫌いな自由太っちょ。

やっと就職します。
本当は職に就かないまま主役として色々させたかったのですが、
まあ下の二人がいっぱい時間使ってしまいましたからね。
時間切れです。

 

f:id:hi-sulsul:20210621034638j:plain

スプリングス・ブランシュ

年齢:若者→大人
願望:生粋の都会っ子(ホームグラウンド)
特質:生真面目/美食家/ブラザー
購入特質:倹約家
その他特質:行儀が良い
性格:傍観者
職業政治活動家→代議士
好き:ブラック/ブルー/レトロ/コメディ/料理/フィットネス
嫌い:いたずら/エレクトロニカ

ブレーズの妹でパブロの双子の姉。

生真面目ですので、生まれてきた甥っ子にも大事なことをしっかり教えます。
子供からしたらそういう人って嫌ですけどね。
ですが大事なことは大事なのです。

 

f:id:hi-sulsul:20210621034706j:plain

スプリングス・パブロ

年齢:若者→大人
願望ボディビルダー(高基礎代謝
特質:陽気/アクティブ/ブラザー
購入特質:ジム好き/防水シム
その他特質:行儀が良い
性格:純粋無垢/正義漢
職業:インターネットの有名人
名声:注目の新人
特典:注目株
悩み:食通
好き:イエロー/パープル/オルタナティブ/ヒップホップ/ギター/フィットネス
嫌い:(なし)

ブランシュの双子の弟。

前回前々回の反動か、今回は外出率低めです。
まあ子供も生まれますからね!

 

f:id:hi-sulsul:20210622235621j:plain

メイヤー・ジョーダン

年齢:若者→大人
特質:自信家/陽気/芸術愛好家
性格:正義漢/純粋無垢
職業:評論家
好き:テレビゲーム
嫌い:ブラウン/エレクトロニカ/イージーリスニング/絵画

パブロの妻。
公式ギャラリーシム。

本来このデータではブレーズよりも歳上でしたが、
妊娠などにより彼よりも遅れて成長することになりました。

 

友人たち

ブレーズの友人

f:id:hi-sulsul:20210630222638j:plain

アキヤマ・エイドリアン

年齢:大人
特質:クリエイティブ
嫌い:絵画

ブレーズの初めての友達。

 

ブランシュの友人

f:id:hi-sulsul:20210701061139j:plain

レームクール・リサ

年齢:大人
特質:???
性格守銭奴
職業:なし
嫌い:キッズラジオ

いつも退屈そうなシム。

どのタイミングかは把握できませんでしたが、
今回のどこかブレーズとも友達になります。

 

 

母を失った悲しみ

f:id:hi-sulsul:20210702020626j:plain

昨晩の悲しみは癒えていませんが、押して出勤します。
今ブランシュがやるべきことは、落ちこぼれシムを一人でも減らすための同志を集めることなのです。

 

f:id:hi-sulsul:20210702020630j:plain

前回壊れた食器洗い機。

故障箇所は見事に死神が直していってくれましたが、
床は濡れたままです。
綺麗にしましょうね。

 

f:id:hi-sulsul:20210702020638j:plain

ブレーズもパブロも意気消沈していますが、
それでもなんとか笑おうとしています。
この様子なら立ち直るのもすぐでしょうね。

 

f:id:hi-sulsul:20210702020642j:plain

以前分配した父の遺産に、脂肪量を最低まで減らす薬がありました。
飲んでみるとこんな感じ。

うーん。
もともと臀部が大きいので、
ひょろひょろになってもなんか違和感しかないんですよね。
重心が定まっていなさそうといいますか。

 

f:id:hi-sulsul:20210702020647j:plain

次に脂肪量を最大まで増やす薬を服用。

うむ。
やっぱり彼はまんまるのほうが似合ってます。
安心感がある。
人には人の似合った体型というものがあるってことですね。

それはそれとして筋肉はつけろよな。

 

f:id:hi-sulsul:20210702020651j:plain

ブランシュの地位が更に向上するようです。

ここから先はチャリティ運動家と代議士の二つに別れます。
非常に迷ったのですが、
ブランシュは「偉い人の尻尾として切り捨てられた」シムですので、
代議士になって更に力のある地位を手に入れ、
世の中を変える路線に進めようと思います。

 

f:id:hi-sulsul:20210702020659j:plain

そうはいってもブランシュだって一人のシム。
母を失った悲しみはそう簡単に癒えるものではないのです。

 

記憶喪失

f:id:hi-sulsul:20210702020707j:plain

以前ブレーズや双子を取り上げてくれたお隣のお医者さん、
今は受付をやっているみたいです。
ゴーストになっても元気で仕事できるぐらい医療の整った街、ってね。

 

f:id:hi-sulsul:20210702020711j:plain

今回パブロとジョーダンの子供を摘出してくださるお医者様はこちら。
手際よく手術台を動かしております。

 

f:id:hi-sulsul:20210702020715j:plain

おめでとうー生まれました!

男の子です。
名前はスペンサーとしましょうか。

 

f:id:hi-sulsul:20210702020720j:plain

ジョ「おーよしよし、かわいいねー!」

ちなみに後ろで腕立てしてる奴がこの赤ちゃんの親父です。

 

f:id:hi-sulsul:20210702020724j:plain

ブラ「あーちょっと。スペンサー。しー。静かにしてよ~」

何故か両親より構ってやってる伯母さんです。

 

f:id:hi-sulsul:20210702020736j:plain

翌朝、医者のアルベルタさんからジョーダンに電話が来ました。

ア「子供ができたんだってね、おめでとう!」

この世で一番最初にその子供見たのあなたですよね????????????????

 

得手不得手と好き嫌いが噛み合わない

f:id:hi-sulsul:20210702020741j:plain

一緒に踊る赤黒コンビ。
やっぱりブレーズのほうが友人としてはウマが合うなんてことあるでしょきみ。

 

f:id:hi-sulsul:20210702020749j:plain

揃って隣の部屋で仕事をするジョーダンとパブロ夫婦。
ジョーダンはブランシュの部屋を借りてます。

 

f:id:hi-sulsul:20210702020754j:plain

あー洗面台が汚れました。
綺麗にして下さい。

……両親が生きてた時はいつもピカピカだったのになあ。

 

f:id:hi-sulsul:20210702020807j:plain

あー今度は壊れました。
良いでしょう、直して。
あと遊びに来てくれたリサはちょっと他のところ行ってくれませんかね。
もうブランシュも帰ってきてますよ。

 

f:id:hi-sulsul:20210702020811j:plain

ブラ「リサって好きな音楽とかある?」
リ「うーん好きとかはあんまり。でもそうねえキッズラジオは嫌いかしらね」
ブラ「あれ意外と馬鹿にならないわよ」
リ「うんでも私向きじゃない」
ブラ「じゃあしょうがないわね」

 

f:id:hi-sulsul:20210702020815j:plain

今日のリサは退屈じゃあないんですね。
楽しげに恐竜のジョークを言ってくれました。
いいですねえ、コメディはブランシュも大好きです。
まあ言う方が好きですけど。
言ったところでド下手ですけど。

 

f:id:hi-sulsul:20210702020847j:plain

ブラ「ねえあれ何?」
リ「へえ?」

 

f:id:hi-sulsul:20210702020852j:plain

ブラ「ブァアアッ!!」
リ「ヌうわっ!? ちょっと脅かッさないでよちょっと!」

 

f:id:hi-sulsul:20210702020856j:plain

リ「へへへ案外くだらないするじゃないあなたwww」
ブラ「なんかねー仕事で疲れちゃってるのかな―www」
リ「いいじゃんいいじゃん、今度ブレーズたちにもやってみたら?」
ブラ「そうねーパブロとか丁度いいかも」

一応いいますと、ブランシュはいたずらが嫌いです。
にも関わらずこれ自律でやってますし、なんならギャグよりウケてる。

 

兄姉の居ぬ間に

f:id:hi-sulsul:20210702020819j:plain

パ「今日も可愛いぜ、俺のジョーダンよォ」
ジョ「あら。ンフフ」
ブレ「なあよそでやってくんねえかなあ」

 

f:id:hi-sulsul:20210702020745j:plain

さてブレーズです。
最初の方でも書きました通り、ようやく料理キャリアへ進みます。
もうすぐ大人になる頃の就職というと、親父のアロイスと全く流れが同じですね。

もういっそスプリングスの家業にする?

 

f:id:hi-sulsul:20210702020823j:plain

はい。
初出勤の日が来ましたよ。
最初は皿洗いです。
頑張れよー。

 

f:id:hi-sulsul:20210702020828j:plain

で、この日は既にブランシュも仕事に行っているため、
家に残ったのはパブロたちだけになりました。

 

f:id:hi-sulsul:20210702020833j:plain

ジョ「ねえパブロ、折角他に誰も居ないんだしさ――」

 

f:id:hi-sulsul:20210702020837j:plain

 

f:id:hi-sulsul:20210702020843j:plain

~四時間後~

パ「おーよしよしスペンサー。お前も寂しいよなあ? 友だち欲しいよなあ? そうだよなあ? もう三日ぐらい待ってな」

昼間っからなにしてんだよ。

 

突然のチャンス

f:id:hi-sulsul:20210702020924j:plain

おや。
スキャンダルで副知事を失った知事から、ブランシュへ新たなポジションの提案がきました。
断るわけ無いじゃあないですか、チャンスですよ、受けましょう。

 

f:id:hi-sulsul:20210702020929j:plain

申し出を受けたブランシュは、選挙キャンペーンに参戦しました。
これで一般大衆に売り込みやすくなったのは良いのですが、この日あと数分で始まる副知事候補討論会に出席する羽目になり、かなりの緊張ムードレットを得ることになってしまいました。

 

f:id:hi-sulsul:20210702020945j:plain

まあでも緊張なんてのは一時ですから。
先のことを考えれば今日一日激務だろうと。
ね?

 

f:id:hi-sulsul:20210702020950j:plain

ブラ「エイドリアンさん! シム落ちこぼれ防止に興味ありませんか!」
エ「いやあ~悪いけどないねえ」
ブラ「そうですか」

 

f:id:hi-sulsul:20210702020958j:plain

一方また遊びに来ていたリサは賛同してくれました。
いやあ、それにしても仲の良い友達や家族に政治の話なんて振るもんじゃあないですね。

 

f:id:hi-sulsul:20210702021006j:plain

ブラ「ボァアアアッ!!」
リ「ワッ! もー!!」

またこの子リサのこと驚かしてる……。
そんなにウケがほしいのでしょうか。
まあギャグがつまらないのは事実だしなあ。

 

Lem-Mei困惑

お茶目さん

f:id:hi-sulsul:20210702021010j:plain

さあて、スペンサーが成長しますよ!
そら! 籠からとびだせスプリングス第三世代!

 

f:id:hi-sulsul:20210702021014j:plain

この日スペンサーは恐るべき存在・幼児に成長しました。
特質は「お茶目」です。

 

f:id:hi-sulsul:20210702021018j:plain

あーまた地獄が始まる。

 

f:id:hi-sulsul:20210702021022j:plain

パ「スペンサー、なにかしたいことはないかい? んん~?」

 

f:id:hi-sulsul:20210702021026j:plain

パ「そうかそうかあ、文字絵カードがやりたいんだねえ。さあ、これは何だ~?」
ス「だ~?」

 

f:id:hi-sulsul:20210702021034j:plain

パ「正解は~……なんだこれ」
ス「イヤー! ナアアコエナンアコエ!」
パ「えぇ~マジで何だこの絵……」

なんだこれ……。
マイクでしょうか?

 

f:id:hi-sulsul:20210702021104j:plain

ス「おねむー!」
パ「ああそうかそうか、おねむなのか。わかったわかった、今お布団まで運んでやるからなあ~?」

 

f:id:hi-sulsul:20210702021108j:plain

パ「いよいしょ~。おやすみスペンサー」

 

f:id:hi-sulsul:20210702021112j:plain

このちっちゃいちっちゃいスペンサー君なんですけど、
なんか今までこのブログに出てきた幼児と違って非常に物分りが良いんですよ。
悪いこと何も考えないし、お腹が空いても喚いたりしないし、
駄々も全然こねないんです。

きみ本当にあの恐るべき幼児と同じ存在か???
空腹でぷんすこした顔は見ても、それをクシャッとして声を上げたり、悲しくてアヒルみたいに口をフニィってやったところなんて一度も見てませんよ?

おかしい。
あれほど嫌っていた幼児なのに可愛く見える……。
少なくともブレーズの時は髪型がアレだったのもあってストレスマッハだったのに。

ていうかこの子の髪型、今のブレーズと同じですね。

 

ブランシュとスペンサー

f:id:hi-sulsul:20210702021039j:plain

ジョ「あれれ~スペンサー! もうブランシュちゃんと仲良くなったの~?」

 

f:id:hi-sulsul:20210702021043j:plain

ブラ「私達もう友達よね?」
ス「ヤー!」

 

f:id:hi-sulsul:20210702021047j:plain

あっ! こら!
散らかしよってからに!

 

f:id:hi-sulsul:20210702021051j:plain

ブラ「ちょっとスペンサー、散らかしちゃだめよ? もっと他のことして遊びなさい?」
ス「ムブウウウ!!」

怒ってる怒ってる。

 

f:id:hi-sulsul:20210702021056j:plain

あ! 出た!
その顔だ、

その顔が見たかったんだ!

さあ泣け。
喚け。

やはりお前も何の力も持たない矮小な動物だった……ッ!

貴様のくだらん幸せな日々なぞ木っ端微塵に打ち砕いてくれる。
ぬくぬくのうのうと暮らしやがって。
この豆粒にも満たないそこらの公園に打ち捨てられた潰れた空き缶並の存在価値もない頭からつま先まで何もかもがくだらん生き物め。

 

f:id:hi-sulsul:20210702021100j:plain

……でも面倒は起こさないほうが良いです。
本来悪いことしなければ幼児なんて可愛いもんですよ。

ただちょっとその、今まで幼児の生ぬるい考えを嬉々としてぶち壊すのが常だったので、
私のほうが頭バグってしまってエラーを起こしているんですね。
あれ幼児の扱いってこれで良かったんだっけ的な。

この私が!
たかが幼児ごときのことを純粋に可愛いと思っている……だと!?

困ったなあ、こいついい子だし叱られて怒ったところも可愛いぞ。
どこにもムカつく点が無いぞ。
困ったなあ。

 

大事なこと

f:id:hi-sulsul:20210702021120j:plain

ブラ「スペンサー、お勉強しよっか」

 

f:id:hi-sulsul:20210702021130j:plain

パブロもジョーダンもあんまり息子の精神教育に熱心な様子は見せないので、
代わりにしっかり者(ただしド下手なギャグを言うのはやめない)のブランシュが相手しましょう。

 

f:id:hi-sulsul:20210702021138j:plain

ブラ「じゃあ、まず最初の授業は『ありがとう』と『おねがいします』についてね。とっても大事なことだからしっかり理解するのよ?」
ス「ワアーアー!」
ブラ「宜しい」

 

f:id:hi-sulsul:20210702021152j:plain

ブラ「次は『ごめんなさい』。これはね、さっき教えた二つの言葉もそうなんだけど、大人でもちゃんと言えない人がとっても多いの。特に私の職場には。でもあなたならきっと理解できるわ。やってみましょう」

 

f:id:hi-sulsul:20210702021156j:plain

パ「お、お勉強終わったのか? 泣き言も言わないなんて偉かったなあ。ご褒美何がいい?」
ス「あそんでー! おねがーい!」
パ「姉貴の奴しっかり教育しやがったなあ? 俺らの代わりに」

 

f:id:hi-sulsul:20210702021200j:plain

パ「そぉ~ら高い高~い! ウェーヘヘヘヘヘ。ほらほら飛行機だーブォォオオオオン!」
ス「キャーハハハハ!」

 

f:id:hi-sulsul:20210702021205j:plain

ブレ「あいつよくあんなことさも当たり前みたいにできるよなあ」

 

ファニーなブレーズおいたん

f:id:hi-sulsul:20210702021134j:plain

ベ「ダァグ、パブロ。ちょっと雨宿りさせてもらえる?」
パ「おお? いいよ」

以前ジムで交流したベアトリスが訪ねてきました。
良いですねそのサングラス。

 

f:id:hi-sulsul:20210702021148j:plain

ブレ「ア~。スォスォ。俺こいつの兄貴ね」
ベ「あらお兄さんが居たのね」
パ「似てないだろ? 痩せてても全くなんだぜこれ」
ブレ「お前俺の痩せてるところ見たこと無いだろ」
パ「ん大体想像つく」

 

 

f:id:hi-sulsul:20210702021209j:plain

ブレ「俺今日誕生日だからぁ、雨止んだけどついでに祝ってってよ」
ベ「いいわ」

 

f:id:hi-sulsul:20210702021213j:plain

ブレ「おらぁ!」

 

f:id:hi-sulsul:20210702021218j:plain

はい、これでブレーズは大人です。
もう立派なおっさんです。

このケーキはまた後日再利用しましょうね。

 

f:id:hi-sulsul:20210702021223j:plain

おや、ブランシュとジョーダンがなにか親しげに話してます。
良かったーこのまま全くだったらどうしようかと思ってましたよ。
まあ次回にはブランシュは引っ越すんで、一緒に暮らすのもほんのちょっとの間ですけどね。

 

f:id:hi-sulsul:20210702021228j:plain

結局ベアトリスは日が変わる直前ぐらいまで居たんだな。

 

全 員 出 勤

f:id:hi-sulsul:20210702021233j:plain

朝食を取るブレーズ。
元からおっさん顔だったのもあって、そんなに歳を取ったようには見えません。

 

f:id:hi-sulsul:20210702021237j:plain

そんなにお腹は空いていないので軽食で済ませるブランシュ。

 

f:id:hi-sulsul:20210702021241j:plain

食べ終わるとまっすぐ出勤しました。

 

f:id:hi-sulsul:20210702021246j:plain

続いてブレーズも一時間後に出勤します。

 

f:id:hi-sulsul:20210702021251j:plain

更に一時間後、パブロも珍しく出勤。

 

f:id:hi-sulsul:20210702021255j:plain

それから少し間を開けて、ジョーダンも思い腹を抱えもせず普通の歩き方で出勤。

なんとこの日はスペンサー以外一家全員が出勤する運びとなりました。
珍しいこともあるもんです。

 

f:id:hi-sulsul:20210702021259j:plain

ジョーダンは芸術評論家です。
彼女の感性としてはある映画のことを酷評したいのですが、製作者は「4つ星かさもなければ」と脅してきました。
そう言われたのなら、その態度も含めて1つ星にしてこき下ろしてしまいましょう。

 

f:id:hi-sulsul:20210702021303j:plain

なんと、自分の信念を貫いたジョーダンに、下剤入りと思われる小荷物が届きました。
妊婦に下剤を盛るとか外道かよそのクリエイター。

 

知らない概念

f:id:hi-sulsul:20210702021326j:plain

ブラ「大変だったでしょう? この子は無事? ちゃんと生まれてきそう?」
ジョ「大丈夫大丈夫! 別に胃袋に詰まってるわけじゃないし」
ブラ「でも体調は変化するわよ。気をつけてね」

急に仲良くなるじゃん。

 

f:id:hi-sulsul:20210702021331j:plain

スペンサーがおまる練習で一階に降りてきていたのもあって、自然とダンス大会が始まりました。

 

f:id:hi-sulsul:20210702021335j:plain

うん? 踊り泣きですか?

なんですかそれ。
今すぐ踊りをやめないと涙の大洪水が始まるですって。
踊りと涙ってなにか関係あるんです?
まさか揺れただけで自然と涙が出るほど幼児って貧弱なんです?

 

f:id:hi-sulsul:20210702021340j:plain

ジョ「ねえスペンサー? おなかすいたり眠かったりしない?」

 

f:id:hi-sulsul:20210702021344j:plain

ス「しないー!」

 

f:id:hi-sulsul:20210702021348j:plain

ジョ「んーそっかあ。可愛い!」

やばい私もそう思う。

 

f:id:hi-sulsul:20210702021356j:plain

ちなみに翌朝見るとスピーカーは壊れていました。
さては使いすぎたな。

 

怒涛の如し

二人目の誕生

f:id:hi-sulsul:20210702021400j:plain

陣痛が始まりました。
ちゃちゃっと産み落としましょう。

 

f:id:hi-sulsul:20210702021404j:plain

また男の子でしたー。
名前はクリストフにしましょ。
打ち込みづらいですけど。

 

f:id:hi-sulsul:20210702021409j:plain

んで産んですぐジョギングに行く母。
このゲームの女性はなんていうか……逞しいですねえ。
こういう逞しさなら(ちょっと心配だけど)大歓迎ですよ。

 

f:id:hi-sulsul:20210702021413j:plain

新しい家族写真。

 

突然のハウスパーティー

f:id:hi-sulsul:20210702021417j:plain

そんで突然ですが、スプリングス家でハウスパーティーやりますよ。
ブレーズ主催でまあそれなりにゆるーくやっていきます。

 

f:id:hi-sulsul:20210702021421j:plain

ちょうどよくハムのディナーができました。
いただきましょう。

 

f:id:hi-sulsul:20210702021425j:plain

今回はいつもの二人、レイチェル、ベアトリス、デールを呼びまして、
九人でのパーティーとなりました。

シュテファニ呼ぶの忘れた。

 

f:id:hi-sulsul:20210702021430j:plain

しまった席が一つ足りなかった。

 

f:id:hi-sulsul:20210702021434j:plain

主催がバーカウンターに引っ込むことで席足りない問題は解決しました。
こういう集合写真、久しぶりですね。

しかし外からのゲストはデール以外全員大人か……。
もうそんな時期なのか……。
ブランシュたちも今日が大人になる日です。
こないだ若者になったばっかりだと思ったのに、早いですねえ。

 

f:id:hi-sulsul:20210702021438j:plain

リ「今日はゲストだからいいけどさあ、私達こんなにここに入り浸っちゃっていいのかしらね」
エ「な。でもついつい立ち寄っちまうんだよな」
パ「いいんじゃね? わざわざ夜中に訪ねてくるヴァンパイアじゃねえんだし」
レ「パブロってヴァンパイアなんて信じてるのね」
デ「あれ、見たこと無い? 俺の家には前に来たよ~、なんかいかつい姐さんが」
ブラ「その人前にも家に来たことあるかも」
ベ「ねえ、ここって溜まり場かなにかなの?」
ジョ「知らなーい。私だってここ住んでまだ一週間だし」
ブレ「そんなコンビニみてえなとこじゃねえよ!www」(画面外)

 

f:id:hi-sulsul:20210702021443j:plain

ディナーを食べ終わったらダンスタイムみたいです。
まずパブロから向かいました。
スピーカー直したばかりですからね、調子良いですよ。

 

f:id:hi-sulsul:20210702021451j:plain

ジョーダンの元に亡きエデルガルトからお祝いの電話が来ました。
パブロにじゃないんだ。
まあ孫が生まれたからというより、母親経験者だからって感じかな。

 

f:id:hi-sulsul:20210702021455j:plain

f:id:hi-sulsul:20210702021459j:plain

その後はこのようにまあ全員リビングに集まりまして。
結構賑わったんじゃあないですかね。
パブロはベアトリスと友達になれてましたし。

あとデールが意地悪特質持ちだと判明して、生真面目のブランシュが静かにキレてました。

 

f:id:hi-sulsul:20210702021503j:plain

結果は失敗扱いのこのパーティー
いいんですよ見てるこっちは楽しかったんだから。

 

次から次へと

f:id:hi-sulsul:20210702021508j:plain

おおっとまだ寝るんじゃあねえぞ~?
きみたちちゃんと歳をとってから寝なさい。

 

f:id:hi-sulsul:20210702021513j:plain

はいまずは妊娠期間中にブレーズより年下になったジョーダン!
おめでとうー!

 

f:id:hi-sulsul:20210702021517j:plain

そんではい、ロウソクを立て直しまして。

 

f:id:hi-sulsul:20210702021521j:plain

お次は明日巣立ち予定のブランシュ!
おめでとー。

 

f:id:hi-sulsul:20210702021525j:plain

でまたロウソクを立てると。

 

f:id:hi-sulsul:20210702021529j:plain

次はパブロ! おめでとう!
なんか彼にはエデリーとアロイスからプレゼントが送られてましたよ。
人気者か。

 

f:id:hi-sulsul:20210702021533j:plain

そしてまだまだ終わらない。

 

f:id:hi-sulsul:20210702021537j:plain

幼児は二人もいらねえ!!

ということでスペンサーを子供にしてしまいます。

 

f:id:hi-sulsul:20210702021541j:plain

特質は「アウトドア好き」、願望は「社交家」です。

危うく意地悪になるところでしたが、
ブランシュの教育を受けておいてそりゃねえよなと思い、
その次の有力候補だったこの特質を選びました。

 

まだもう一人

f:id:hi-sulsul:20210702021545j:plain

で、もう赤ん坊はいいのでクリストフも幼児にしてしまいます。
はいおめでとー。

 

f:id:hi-sulsul:20210702021550j:plain

特質は「お茶目」にしました。
少なくともその特質だったスペンサーはいい子だったので。

……ん?

 

f:id:hi-sulsul:20210702021555j:plain

あれえ……?
この子兄貴に瓜二つでは……?
ご丁寧に髪型も同じですし、履物の方向性まで同じとは。
よかったー先にスペンサーのほう成長させておいて。
どっちがどっちだか分からなくなるところでしたよ。

と思って見返したら目元が全然違いました。

 

f:id:hi-sulsul:20210702021559j:plain

成長したスペンサーはこんな感じ。
少しふくよかですね、また公園で遊ばせましょう。

 

f:id:hi-sulsul:20210702021604j:plain

はあい!
今回はここまでDeath!

スペンサーがブレーズのところで寝るほどには部屋が足りなくなってきましたが、
次回は早々にブランシュがこの家を去るのでもう少しの辛抱です。
はい。

 

登場シム

このお話の交流シムは、

 

f:id:hi-sulsul:20210702021614j:plain

妹のブランシュ

 

f:id:hi-sulsul:20210702021618j:plain

弟のパブロ

 

f:id:hi-sulsul:20210702021609j:plain

パブロの妻ジョーダン

 

 

f:id:hi-sulsul:20210702021623j:plain

医者のアルベルタ

 

f:id:hi-sulsul:20210702021628j:plain

甥のスペンサー

 

f:id:hi-sulsul:20210702021633j:plain

友人のリサ

 

f:id:hi-sulsul:20210702021646j:plain

友人のエイドリアン

 

f:id:hi-sulsul:20210702021638j:plain

パブロの友人ベアトリス

 

f:id:hi-sulsul:20210702021642j:plain

甥のクリストフ

 

f:id:hi-sulsul:20210702021650j:plain

レイチェル

 

f:id:hi-sulsul:20210702021654j:plain

デール

そして

 

f:id:hi-sulsul:20210702021658j:plain

母のエデルガルト

でした。

 

また次回お会いしましょう~っと。
ダァグダァグ。

 

↓続きはこちら↓

なし