Hi. Sul sul.

PCゲーム『The Sims 4』のプレイを纏めるブログ。

麗しやローズの家 #17 『食べ物を大切にしない奴は』

スォスォ。Lem-Meiです。

本当は昨日記事を上げたかったのですが、どうも頭痛が酷かったのでゆっくり休んでいました。今はもう元気です、どうも。
今回は少しキツい(辛いとかエグいとかそういう意味ではなく)回になりましたので、ご容赦ください。

 

hi-sulsul.hatenablog.com

 

前回までの『麗しやローズの家』

↓直前の回はこちら↓

hi-sulsul.hatenablog.com

 

f:id:hi-sulsul:20201025170414j:plain

青薔薇ちゃんことローズ・ブラウのソウルメイト、ベーア・ユキは双子の姉妹を出産しました。名前はそれぞれ、ローズ・メランとベーア・グエン。

 

f:id:hi-sulsul:20201031003625j:plain

始めこそ普通の赤ん坊らしくしていた双子姉妹ですが、その内メランは何をしても泣き止まない変な状態になってしまいました。授乳してもおむつを替えても寄り添ってもダメ。

 

f:id:hi-sulsul:20201031004649j:plain

青薔薇ちゃんたちはメランを大人しくさせるため、とうとう保育士のリプスコム・リーヴァイを雇うに至りました。彼のお世話のおかげで、泣いてばかりだったメランもやっと静かになりました。

 

f:id:hi-sulsul:20201031005458j:plain

そんな二人もとうとう幼児へ成長。赤ちゃん時代の振る舞いを考えて、メランは「わがまま」、グエンには「おとなしい」の特質を付けました。
特質の時点で既に危ない予感がする双子の子育て。今回は、ひたすら青薔薇ちゃんや私が疲れるだけの回になるでしょうね。

 

 

登場シム紹介

ローズ家

f:id:hi-sulsul:20201029000959j:plain

ローズ・ブラウ

年齢:大人
願望
:最高に幸せな家族/釣り師
特質:アウトドア好き/仲間好き/音楽好き/思想家
購入特質:クリエイティブな先見者/倹約家/学者/指導者/高速掃除人/ジム好き/鋭い観察力
報酬特質:仲間
性格:芸術家/恋愛主義者
クラブ:庭園騎士団/ガーデン・ノーム/圧倒的不協和音(リーダー)

親しみを込めて「青薔薇ちゃん」と呼んでいます。
今回彼女を使ってメランに少し厳しく当たりますが、それは私がそうさせているだけであって、青薔薇ちゃんはなんも悪くありません。悪いのは全部私なんです。

 

f:id:hi-sulsul:20201019012658j:plain

ベーア・ユキ

年齢:若者
願望:コンピューター名人
特質:オタク/一匹狼/家族志向/早分かり
性格:探究者/傍観者
職業:カリスマ技術者
クラブ:庭園騎士団/アバンギャルド

青薔薇ちゃんのソウルメイト。
前回ちらっと会話にあったとおり、願望達成のために就職しました。そのため最近あまりいまいち存在感が薄れていたのが更に……。拘束時間の長い技術者シムなら避けられない運命。

 

双子の娘

f:id:hi-sulsul:20201031010125j:plain

ローズ・メラン

年齢:幼児
特質
:わがまま

先に生まれた方。
悪い子です。

 

f:id:hi-sulsul:20201031010133j:plain

ベーア・グエン

年齢:幼児
特質
:おとなしい

後に生まれた方。
やはり大人しいからか、メランと違って悪いことは殆どしません。

 

その他のシム

パールマ家

f:id:hi-sulsul:20201029220053j:plain

パールマ(ベーア)・キャンディー

年齢:大人
特質:外交的/陽気/音楽好き
性格:純粋無垢/道化師

ユキの憧れの姉で青薔薇ちゃんの友達。
今更ですが、頻繁にローズ家に来ますね。家庭はどうしたんですか。

 

f:id:hi-sulsul:20201022111430j:plain

パールマ・カウコ

年齢:若者
特質:恋愛下手/陽気/家族志向
性格:???

キャンディーの夫。
キャンディーがあまりにも頻繁にローズ家に来たり外出に誘ってくるので、この人が家で寂しがらないか少し心配しています。家族志向ですから。

 

f:id:hi-sulsul:20201103144852j:plain

パールマ・ジェラルディーン

年齢:子供
特質:怠け者
性格:???

キャンディーとカウコの養女。
多分、この子が家にいる限りはカウコ氏も安心でしょう。家から出ようとしない怠け者というのも大きい。

 

「圧倒的不協和音」の仲間

f:id:hi-sulsul:20201103144818j:plain

ビジャレアル(ウハ)・パカア

年齢:若者→大人
特質:マヌケ/音楽好き/海の子
性格:純粋無垢/道化師
クラブ:圧倒的不協和音

青薔薇ちゃんの友達。大人になりました。
私Lem-Mei、彼が「海の子」であることをすっかり忘れていまして、その、やっちまったんです。

 

f:id:hi-sulsul:20201020200135j:plain

ブローサ(ビョルグソン)・ソフィア

年齢:若者
特質:音楽好き/陽気/盗み癖
性格:芸術家/純粋無垢
クラブロールモデル/圧倒的不協和音

ローズ家のお隣さんで青薔薇ちゃんのお友達。
最近は何も盗みません。偉い。

 

わがままモンスター

f:id:hi-sulsul:20201103152557j:plain

メランが目を覚ましました。
ふむ、メガネを掛けているとそれなりに可愛いですね。ゴス家の陰気なのにパーリー集団の家に嫁に行った娘を思い出します。
まあ見た目だけ可愛くてもダメですけどね。悪い事したらちゃんと叱ってやらないと。

 

f:id:hi-sulsul:20201103152608j:plain

メランのお世話はユキちゃんがします。二人で飴と鞭を分担してやりましょう。この場合、鞭が青薔薇ちゃんです。なお、ユキちゃんは今回から仕事で長時間家を空けるようになる模様。

「お腹すいたの? ごはん食べようね!」

と、ユキちゃんが優しく声を掛けて朝食を出してやったにも関わらず、

 

f:id:hi-sulsul:20201103152618j:plain

これだよ。
目を離した隙に早速ごはんで遊び始めました。お腹すいて仕方が無い人だっているんだぞ、しかも遠い国の存在すら知らない村の住人とかじゃあなく、二つ隣の部屋に。

 

f:id:hi-sulsul:20201103152626j:plain

「ダメでしょ食べ物で遊んじゃあ」
「……」

まあ一回言ってやれば大人しくしてくれるでしょう。もしもう一度同じことをしても、少し叱るだけで決して怒ったり、怒鳴ったりしてはだめです。相手はか弱い幼児なんですから。

 

f:id:hi-sulsul:20201103152636j:plain

やりやがったなテメゴラァ!!

 

f:id:hi-sulsul:20201103152648j:plain

「コラッ! そんなことしちゃダメ!!」

 

f:id:hi-sulsul:20201103152657j:plain

もう知りません。青薔薇ちゃんもお腹空いてますし、残り物を食べに行かせましょう。食べ物をぶちまけた悪い子は遊びたかったら自分で降りてください。降りられるもんならね。
あとゴミ掃除も自分ですること。できるもんならね。

 

f:id:hi-sulsul:20201103153936j:plain

続きましてこちら、グエンもお腹を空かして起きてきました。早速青薔薇ちゃんに助けを求めています。この子の場合飴と鞭はメランと逆で行こうと思います。

 

f:id:hi-sulsul:20201103154143j:plain

「はい、ごはん。遊んだりしないでね?」
「?」

言いつけ通り、グエンはちゃんと全部食べました。偉いですね。

 

f:id:hi-sulsul:20201103154250j:plain

メランが浴室のカウンターで遊び始めました。ダメです。

 

f:id:hi-sulsul:20201103154327j:plain

ユキちゃんはメランにとっての飴なので、わざわざ青薔薇ちゃんに向かわせて注意させます。どんどん仲が悪くなる。

 

f:id:hi-sulsul:20201103154441j:plain

先程メランがぶちまけて汚したベビーチェア。ユキちゃんはなんと壁の裏側からスプレーを掛けて掃除し始めました。なんて曲芸だ。

 

f:id:hi-sulsul:20201103154553j:plain

お腹いっぱいになったグエンは、部屋に置いてあるおもちゃで遊んでいます。偉いですねえ、何なら遊んでいいかもう分かっているんですね。

 

f:id:hi-sulsul:20201103154647j:plain

本棚で遊んではいけないということも分からないどっかの誰かとは大違いだわ。

 

f:id:hi-sulsul:20201103154732j:plain

「ねえ、メラン? 遊ぶならこの部屋で遊んでて? ね? ほら、ぬいぐるみもおもちゃもあるから。ね?」
ニィーブ!(※ヤダ!)」

 

f:id:hi-sulsul:20201103154916j:plain

何故か半日でいっぱい怒られたのが嫌で不機嫌なメランですが、まあ、部屋に入ったら大人しくしてくれました。これで安心。ロックを掛けておきましょう。
※後ほどユキちゃんだけは通れるようにしておきました。

 

f:id:hi-sulsul:20201103155120j:plain

おっとグエンが部屋から出てきました。何をするダァーーーーーッと思ったら、水槽を眺めてこれがなんであるか考えていただけでした。ほう、魚に興味がおありですか。それとも本当に不思議だっただけかな、この水槽光ってて綺麗ですから。

 

f:id:hi-sulsul:20201103155553j:plain

別にグエンが水槽を気にしていたからというわけではありませんが、青薔薇ちゃんは丁度釣り名人の願望をまた一つ進めました。ルインや家に誘ったり遊びに行っていいか訊いてきて全部断られたはずのキャンディーも何故か一緒です。
いやどんだけ青薔薇ちゃんとユキちゃんと一緒に居たいわけよ。あなたには家族がいるでしょう?

 

f:id:hi-sulsul:20201103160231j:plain

ウチの家族はまたこれ。それもっかいやったら二度と食べもんなんか与えないからな?

 

f:id:hi-sulsul:20201103160337j:plain

青薔薇ちゃんは願望を再び「最高に幸せな家族」に戻しまして、子供に合計二時間本を読んであげる目標を達成するため、絵本を読んでグエンに寝かしつけてやりました。ん~いい子だ、もっともっとと言わずすぐに眠りに落ちました。

 

f:id:hi-sulsul:20201103160450j:plain

メランは一人で勝手に寝てなさい。一日二回も食べ物をぶちまけた罰です。誰が悪いか頭に手を当ててよく考えながら寝てください。因みにこの問いの答えは、「プレイヤーのLem-Mei」です。

 

f:id:hi-sulsul:20201103160835j:plain

子供たちが眠ってから、ユキちゃんはカリスマ技術者に就職しました。願望達成へ第一歩。いや、もう何歩か進んでいるのかも。

 

大パニックローズ家

f:id:hi-sulsul:20201103161351j:plain

翌朝目を覚ましたグエンは、青薔薇ちゃんを起こしに行きました。

「えーん! おきてー!」

 

f:id:hi-sulsul:20201103161400j:plain

青薔薇ちゃんが起きると満足して部屋に帰っていきました。なんやねん。

 

f:id:hi-sulsul:20201103161545j:plain

メランがエンドウ豆を残しました。まあ、ぶちまけるよりはいいか……。
偉い偉いと言ってやりたいところですが、悪い子が少し悪事を働かなかっただけで褒めるというのは、犯罪者がたった一回人助けをしたのを皆でやんややんやと褒めたたえることと同じです。こんなんでいちいち褒めてもらえると思わないでください、子供のうちからそれに慣れておくこと。
でも部屋の鍵を外すぐらいのことはしてあげてもいいでしょう。

 

f:id:hi-sulsul:20201103161838j:plain

だァーーーーーーーからってそういうことをしたら結局ダメなんだよ! 世の中には「良いこと」と「悪いこと」ともう一つ「良くも悪くもないこと」があるの!! きみがさっきやったのは「良いこと」じゃなくてそれなんだから、「一つぐらい悪いことしてもいいよね」とか馬鹿な事考えるんじゃない!!

 

f:id:hi-sulsul:20201103162049j:plain

グエンは今のところ悪いことはしていません。今日もいい子でいたので絵本を読んであげましょうね。

 

f:id:hi-sulsul:20201103162337j:plain

そうそう、青薔薇ちゃんに「鋭い観察力」の特質を付けました。私度々思うのですが、この特質はもう少しお高くても良いと思うんです。500ポイントでは安すぎる。

 

音楽か子供か

f:id:hi-sulsul:20201103162516j:plain

うわあ大嵐。ユキちゃん今日が初出勤じゃなくてよかったね……。

 

f:id:hi-sulsul:20201103162549j:plain

なんかお腹を空かせている子がいますが、そちらはユキちゃんに任せて、「暫く音楽に全く触れていないために緊張する」という珍しい現象が起こった青薔薇ちゃんには、前回進めた作曲の続きをしてもらいます。あともう少しなんです。

 

f:id:hi-sulsul:20201103162746j:plain

危ない!!
家の中をうろうろしていたグエンが外に出てしまいました。雷が当たったらどうするんですか! 家の中に居なさい!! 危険ですから!!

 

f:id:hi-sulsul:20201103163005j:plain

はい、青薔薇ちゃんの曲が出来上がりました。

 

f:id:hi-sulsul:20201103163236j:plain

またですよ、またこの子はゴミ箱で遊ぶんだからもう。ついに友情度が赤くなりました。

 

f:id:hi-sulsul:20201103163731j:plain

とか言っていたらいつの間にか快晴。秋ですねえこういうところ。

 

f:id:hi-sulsul:20201103164049j:plain

さあて圧倒的不協和音の集まりです。
見てくださいこの三人。立派なもんでしょう? でもこの中で上手くできてるのソフィアだけなんですよ。キャンディーの歌は最近は上手くなってきましたが、まあ、良いとは言えないかな。

 

f:id:hi-sulsul:20201103164211j:plain

空気を読んだのか、ソフィアがギターをやめてバイオリンを弾き始めました。キャンディーの出す音もあって部屋の中は酷い音で満ち満ちています。だから……そういう不協和音じゃあないんだよ……。
今青薔薇ちゃんに出来ることは、パカアにピアノの技術を叩き込むことだけです。

 

f:id:hi-sulsul:20201103164401j:plain

少ししてパカアとキャンディーが帰りまして、ちょうど下の広場でフェスティバルが開かれていてお客さんも来ないので、青薔薇ちゃんにはDJの練習をさせました。
って、いつもとやってること同じじゃあないか。たまには弦楽器もやらせてみたらどうだってこの記事書きながら思いました。

 

f:id:hi-sulsul:20201103164815j:plain

あれま! グエンが二階まで歩いてきました! しかも眠いから寝かせてと頼むためだけに。子供の成長って早いんだなあ……。

 

ユキちゃんのいない家

f:id:hi-sulsul:20201103164946j:plain

翌朝、ユキちゃんはお仕事に行きました。いってらっしゃーい。
さあてその間青薔薇ちゃんは子供たちの相手です。まあ大体いつも通りで良い気がします。

 

f:id:hi-sulsul:20201103165100j:plain

あっ、コラッ! お前!
植物で遊ぶな! 青薔薇ちゃんが今まで大事に育ててきた植物で! ド貧乏時代は生命線だった植物になんてことすんだお前!
今回は組み換えに成功したのか失敗したのかいまいち分からないデイジーだったので大目に見ますけど、もし大事な大事なストレリチアで遊んでダメにしたら冗談じゃなくぶ

 

f:id:hi-sulsul:20201103165325j:plain

ええい食べ物をぶちまけるな!!

 

f:id:hi-sulsul:20201103165352j:plain

青薔薇ちゃんはきみたちの世話をするってんで起きてから何も食べてないんですよ? もうお腹ぺっこぺこなんだわ! そんな人の前で食べ物を粗末に扱いますか普通!? 人としての心が無いんじゃないですか?

 

f:id:hi-sulsul:20201103165538j:plain

置き去りにされて泣いたって駄目だ、お前が悪いのだメラン、お前の責任だ。これはメラン…お前のせいだ、おまえがやったのだ。

 

f:id:hi-sulsul:20201103170354j:plain

夕方頃になってキャンディーが訪ねてきました。大人しいのに勇敢なところがあるグエンは、この知らない伯母さんにも果敢に話しかけに行きました。勇気を出した甲斐あって、ほんのちょっとだけ仲良くなったようです。偉いぞ~。

 

f:id:hi-sulsul:20201103165813j:plain

ユキちゃんがいきなり昇進して帰ってきました。なんて幸先の良い。

 

f:id:hi-sulsul:20201103170056j:plain

カリスマ技術者が評価を上げるために行う日課は単純。ゲームで遊ぶだけ。こんなの熟練ゲーマーのユキちゃんにとっては造作もないことです、至って普段通り。脚細いなあ。

 

f:id:hi-sulsul:20201103170253j:plain

キャンディー伯母さんはわがままなほうの姪っ子とおしゃべりしに行きました。メランのほうは「なんやこいつ」みたいな表情。アンタの伯母さんやぞ。

 

f:id:hi-sulsul:20201103170908j:plain

「お仕事どうだった?」
「ん~まあまあかな。でも悪くなかったよ」
「そりゃよかった」
「チビちゃんたちはいい子にしてた? 特にメランは」
「全然?」

 

f:id:hi-sulsul:20201103172710j:plain

お箸が上手く使えないユキちゃん。かわいい。

 

悪いとも言い切れない……なんてことはない

f:id:hi-sulsul:20201103172748j:plain

あまりにお腹が空いて怒り心頭のメラン。ぬいぐるみを殴ってしまいました。
どうせ食べ物出したってべちゃべちゃ遊ぶし最後はぶちまけるじゃん。

 

f:id:hi-sulsul:20201103172842j:plain

でもちゃんと謝ることができます。ごめんねーってね。よかったですね、これが収穫祭に出てくるノームだったら容赦なく雷を落とされていたところです。いつぞやの青薔薇ちゃんのように。
しかしこやつ、親には謝らないんですよね。やっぱり子供たるもの身内は嫌なのかな?

 

f:id:hi-sulsul:20201103174034j:plain

しかし悪い子は悪い子です。とうとうユキちゃんにまで怒られました。(幼児が食べ物をぶちまけると自律で説教するようになってるんですね。初めて知りました)

 

f:id:hi-sulsul:20201103174200j:plain

「何だろう?」じゃないよ、きみがぶちまけた食べ物ですよ。お腹空いてるならそれでも拾って食ってろってんです。それで仮に病気になっても私は知りませんからね。ならないだろうけど。

 

f:id:hi-sulsul:20201103174738j:plain

「あー……すゅおすゅお……?」
「スォスォ~」

また頑張って知らない人に話しかけるグエンちゃん。もはや大人しいとは一体……。

 

f:id:hi-sulsul:20201103175200j:plain

かなり仲が悪くなっちまった青薔薇ちゃんとメラン。とうとう不機嫌でもないのに拒否されるようになりました。誰のせいで普段怒られる羽目になってると思ってんだこいつ。

 

配慮が足りませんでした

f:id:hi-sulsul:20201103175341j:plain

はい、またまたやってきました収穫祭。前回の収穫祭で痛い目を見たので、ノームは見掛け次第破壊して売ります。

 

f:id:hi-sulsul:20201103175653j:plain

はい、今日は一家でパールマ家に遊びに来ました。ローズ家では収穫祭のディナーパーティーを開くのですが、今回キャンディーは誘っていないので、もうパーティーの前に会ってしまいます。

 

f:id:hi-sulsul:20201103180207j:plain

ユ「スォオ、お義兄さん久し振り」
カ「スォスォユキちゃん。久し振り。この子がメランちゃん?」
ユ「ああ、いや、こっちはグエン。ほら挨拶して?」
グ「ネィーブ!」
カ「あらら、もしかして人見知りさんかな? お母さんそっくりだねえ」
ユ「そんなことないと思んだけど」

 

f:id:hi-sulsul:20201103180429j:plain

グエンが人見知りなのかどうかは分かりませんが、ユキちゃんが一匹狼なのは事実です。もう一直線に慣れ親しんだ部屋のゲーム機に向かいました。

 

f:id:hi-sulsul:20201103180616j:plain

キャンディーの養女ジェラルディーンもいますね。相変わらず曲者に育ちそうな顔してます。

 

f:id:hi-sulsul:20201103180727j:plain

お、グエンもやってきました。もう階段の上り下りもちゃんとできるんですね。偉い偉い。

 

f:id:hi-sulsul:20201103180831j:plain

ジ「叔母さん、この子が私の従妹?」
青「そうそう。グエンってんだ」
グ「すゅおすゅおー!」
ジ「もう一人いるって聞いたんだけど、そっちはいないの?」
青「あれはねー昼になっても寝てたから、デイケアに預けてきたの」
カ「いいの? 起きたとき寂しがらない?」
青「どうせ私のこと嫌いだし、家の中はつまらないらしいし、かえってのびのび出来ていいんじゃない?」
カ「良くはないなあ、どんな仲であれ親は親で子は子だよ。きっと今も寂しくて泣いてるよ」
青「で、安心したらまた食べ物をぶちまけんだ。悪い子でしょ」
キ「ちっちゃいときのユキそっくりー!」
ユ「ゲッホ!

 

f:id:hi-sulsul:20201103181520j:plain

それでは時間になりましたので、ディナーパーティーを始めましょう。今回はソフィアとパカアを招待しました。他の人たちは家庭のことを考慮して呼んでません。
青薔薇ちゃんはご馳走を作っています。魚のなんとかってやつ……。

 

f:id:hi-sulsul:20201103181708j:plain

さてとみんなを呼んでご馳走会を始めよう……って、おかしいですね、パカアが料理を取ろうとしません。

 

f:id:hi-sulsul:20201103181948j:plain

「ごめん、僕ちょっとお魚さんは食べられないんだ。魚は友達、餌じゃない」
「えっ……ごめん、知らなかった……ていうかそっか、あなた海の子だもんね。ホントごめんなさい、全く頭から抜けてたわ」
「いいよ別に。皆にお魚さんを食べるなとは言わないからさ……」

だそうです。海の子ってあんまり関わったことが無い(※特質独自の傾向が表れそうな範囲で)ので、全く失念していました。ごめんよパカア……。

 

f:id:hi-sulsul:20201103182656j:plain

パカアは食べられなかった魚料理。グエンは遊ぶことなくちゃんと食べています。魚というと子供には拒否されそうな感じはしますが、偉いですねえこの子。ホント偉い。見てくださいよ奥の二人の視線。

 

f:id:hi-sulsul:20201103182832j:plain

たまにはソフィアと音楽談議をするのも良いですね。圧倒的不協和音とか言っておきながら、音楽の話は全然してきませんでしたからね。好きなバンドの話とか、ニューアルバムとか。そういう話でね、盛り上がりました。

 

f:id:hi-sulsul:20201103183249j:plain

で、ディナーパーティーが終わったら青薔薇ちゃんはジョギングへ。
……ていうか、どうせジョギング行くなら魚料理にしなくても良かったのでは? 痩せさせたくて魚を選んだんです。しまったなあ、計画性のなさ丸出しです。

 

悪い子

f:id:hi-sulsul:20201103183855j:plain

収穫祭の間メランは何をしていたかって? ずっと部屋に籠ってましたね。悪い子なので。

 

f:id:hi-sulsul:20201103184116j:plain

悪い子でもお腹は減ります。しょうがないのでユキちゃんが料理を置いてあげてメランを――

 

f:id:hi-sulsul:20201103184148j:plain

って
えええええ!?
このタイミングでユキちゃん仕事に行ってしまいました! いやまあ時間なので当たり前なのですが、私これまたすっかり忘れてまして。(またか)
言う事を聞いてもらえなかったメランは激怒。怒り散らす相手がいないのでグエンに当たります。

 

f:id:hi-sulsul:20201103184320j:plain

あっ、叩いた! ダメだぞそういうことしちゃ! 偉い子を叩くだなんてこの悪い子め!

 

f:id:hi-sulsul:20201103184433j:plain

そして出勤時間を数分遅らせてまでユキちゃんが用意してくれたごはんをぶちまける。腹減ってんじゃあねえのかよお前ー。もう私キレた。

 

f:id:hi-sulsul:20201103184546j:plain

お外で遊んでなさい。

 

f:id:hi-sulsul:20201103184631j:plain

不当に外に放り出されてグエンは不機嫌。先ほども書きましたが、全部全部全部お前のせいなんですからね、反省しなさい。しないならしないでユキちゃんが帰ってくるまでそこで水たまり遊びでもしてなさい。誰も怒らないから。

 

f:id:hi-sulsul:20201103184801j:plain

言っておきますが、親たちは下僕ではないんです。どれだけ叫んだって騒いだって今日はもう助けません。まったくグエンはいい子にしてるってのに何故こんなに差がついたのか。もっかい保育士の人に来てもらいましょうか。いやいっそのこと連れていってもらいましょうか? バイバイしたって悲しくもなんともないでしょ。
あ、いや、こいつがどうかは知りませんが、こいつがいなくなったら少なくともユキちゃんは悲しみますよね。それはいけないな。

 

f:id:hi-sulsul:20201103185024j:plain

と思っていたら珍しくグエンがヨーグルトをベチャベチャしました。

 

f:id:hi-sulsul:20201103185204j:plain

「ダメ。そんな悪い子みたいなことしちゃダメ」
「わかった……」

例え偉い子だろうと、悪いことは悪いことなんです。叱る時はしっかりしかりましょう。ブエックション!

 

f:id:hi-sulsul:20201103185527j:plain

ユキちゃんまたも昇進。休日直前によくやりました!
ふうむふうむ、この調子なら案外願望も早く達成できそうですね。頑張れーユキちゃん!
と、それはさておき外で泣いてる悪い奴の回収お願いします。

 

f:id:hi-sulsul:20201103185829j:plain

回収したら回収したでこれなんだもんなあ……。
そこは! グエンの! ベビーチェア!! ただでさえ雨で汚れて汚いんだからそこに座るんじゃない。そしてそこで遊ぶんじゃない。

 

f:id:hi-sulsul:20201103185957j:plain

そして自分の部屋に戻ったらやっぱりぶちまけよる。
もう何がしたいんだよ~~~~~~~~~ヤダアアアアアアアアアアアアこいつのお世話やだあああああああああああ誰か引き取ってえええええええええええええええ誰にも引き取られないならいい子になって~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~!

 

f:id:hi-sulsul:20201103190314j:plain

そんな一週間。これをあと三回繰り返します。
次回は……どうなりますかね。あと三週間というと、冬祭りや大晦日がある冬をまるごと挟みますので全カットは無いと思いますが、多分ほぼダイジェストのようになると思います。今回みたいなのをあと二三回続けられても嫌でしょう?

 

では、また次回。
スォスォ。

 

↓続きはこちら↓

hi-sulsul.hatenablog.com